男子バレー・山本隆弘が引退会見 今後は普及活動に専念

[ 2013年1月28日 06:00 ]

引退会見に臨むパナソニック・山本

 バレーボールの北京五輪男子日本代表の山本隆弘(34=パナソニック)が27日、大阪府枚方市で引退記者会見を開き「ロンドン五輪予選を戦ったが結果を出せず、引退を決意した」とさばさばした表情で話した。

 01年からパナソニック一筋でプレーし、大型サウスポーとして日本代表でも長く活躍。現役生活での一番の思い出にはチームとして36季ぶりの優勝だった07~08年シーズンのプレミアリーグ制覇を挙げ「宝物。チームの歴史を変える一ページになったのではないか」と感慨に浸った。山本は今季終了後に第一線から退き、バレーボールの普及活動などに努める予定。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース