二所ノ関部屋が閉鎖 親方移籍 力士は引退

[ 2013年1月28日 17:26 ]

 日本相撲協会は28日、二所ノ関部屋が同日付で閉鎖され、二所ノ関親方(元関脇金剛)や部屋付きの北陣親方(元関脇麒麟児)湊川親方(元小結大徹)と行司、床山の計5人が同じ二所ノ関一門の松ケ根部屋に転属すると発表した。

 富士ケ根親方(元小結大善)は出羽海一門の春日野部屋に移り、所属していた3力士は、同日付で引退届を提出した。

 二所ノ関部屋は横綱大鵬らを輩出した名門だったが、二所ノ関親方が昨秋から頭部の疾患により長期入院中で、部屋の運営が困難になっていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース