「とにかく真面目」…高見盛スカウトの先代師匠・高見山

[ 2013年1月28日 06:00 ]

引退を表明した高見盛はすっきりしたのか会見で笑顔を見せる

大相撲初場所千秋楽

(1月27日 両国国技館)
 師匠の東関親方は高見盛が引退を申し出た瞬間について「引退させてくださいと言ってきて寂しい思いとお疲れさんという思いがあった」と明かした。

 高見盛をスカウトした先代師匠の渡辺氏は「報告に来た本人が、15分から20分、私に引退と言えなかった。まだ(相撲を)取りたいのだろう。その後、親方になりたいと言われた」と説明。人柄については「巡業、地方場所、海外に行った時に毎回、お土産を持ってくる。とにかく真面目」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース