武州山も現役引退 高見盛のライバル 年寄「小野川」襲名

[ 2013年1月28日 06:00 ]

大相撲初場所千秋楽

(1月27日 両国国技館)
 高見盛の幼少の頃からのライバルで東幕下23枚目の元幕内・武州山(36=藤島部屋)もこの日、今場所限りでの現役引退を表明した。

 大東文化大出身では初の関取で幕内在位は11場所。最高位は西前頭3枚目だった。今後は年寄「小野川」を襲名し藤島部屋付の親方として後進の指導にあたる。高見盛の引退表明前に国技館で開かれた会見では、同年齢でもある高見盛について「厳しい状況ですよね」と心配。自身の今後については「一般常識を備えた力士を育てたい」と抱負を述べた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月28日のニュース