石見智翠館 動きガチガチ「未体験ゾーンに来て想像以上」

[ 2013年1月4日 06:00 ]

<国学院久我山・石見智翠館>空中で闘志をむき出しにする石見智翠館・川瀬(左)と国学院久我山・桜木

全国高校ラグビー準々決勝 石見智翠館12―29国学院久我山

(1月3日 花園)
 石見智翠館(島根)は県勢初の準々決勝で動きが硬くなった。後半に7点差まで詰め寄ったが、前半の19失点が響いた。2日の練習から切れがなかったそうで「未体験ゾーンに来て想像以上に硬かった。もっとやらせてあげたかった」と安藤監督は選手の気持ちを思いやった。

 昨年春の選抜大会で東福岡相手に接戦を演じて準優勝。「勝って当たり前と思われプレッシャーがあった。でも最後は楽しくできた」。SO忽那健主将は懸命に涙をこらえた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース