桜花学園高は3回戦敗退 全日本総合選手権

[ 2013年1月4日 17:11 ]

 バスケットボールの全日本総合選手権第4日は4日、東京・国立代々木競技場などで3回戦の残りを行い、女子で全国高校総体と全国高校選抜優勝大会の2冠に輝いた愛知・桜花学園高は58―67で筑波大に敗れ、準々決勝進出はならなかった。

 WリーグのアイシンAWは78―71で新潟に逆転勝ちし、トヨタ自動車、富士通とともに8強入りした。

 男子は2年ぶりの優勝を狙う日本リーグのアイシンが九州電力に83―55で快勝した。リンク栃木は全日本大学選手権覇者の東海大を83―52で退け、兵庫に85―62で勝った三菱電機や、東芝とともに準々決勝に進んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース