早大 失速5位…渡辺監督は悔し泣き「落ちるのは簡単」

[ 2013年1月4日 06:00 ]

早大・田口(左)をかわしゴールする帝京大・熊崎

第89回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・9キロ)
 帝京大に競り負けた早大のアンカー田口(2年)は「(スパートの)タイミングを計っていたら、(相手に)先に仕掛けられた。ただただ悔しい」と唇をかんだ。往路2位から逆転を狙うはずが、ずるずると順位を落として総合5位。

 試合直後に悔し泣きした渡辺監督も「5番が実力だった。うちは復路でカードを切っていたので、この結果は予想していた」と淡々と振り返った。

 エース大迫ら実力者をそろえながらも、レース直前の故障などで100%の力を発揮できないレースが続き、2年前の王者は昨年よりさらに一つ順位を下げた。指揮官は、優勝した日体大から「1年でチームは変われると勉強しました。満足していたら、落ちるのは簡単」と教訓を得ていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース