把瑠都 大関復帰へ親方も心配顔 申し合いに加わらず

[ 2013年1月4日 06:00 ]

把瑠都は若い衆を相手にぶつかり稽古で胸を出した程度で関取衆の申し合いに加わらなかった

出羽海一門連合稽古

 大関復帰を目指す関脇・把瑠都は連合稽古に参加したものの、若い衆を相手にぶつかり稽古で胸を出した程度で、関取衆の申し合いに加わらなかった。

 一門の関取衆が熱心な汗を流す中で積極性に欠け、稽古後は報道陣を避けるようにコメントせずに部屋を後にした。稽古を見守った千賀ノ浦親方(元関脇・舛田山)も「(復帰の)条件は2桁(勝利)だけど、大丈夫かという気はするよね」と心配顔だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース