“最後のレース”だった学連選抜 空回りの13位

[ 2013年1月4日 06:00 ]

9区の菊池(左)からタスキを受け取る学連選抜10区の山本

第89回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・9キロ)
 来年の第90回大会の欠場が決まっている学連選抜は“最後のレース”をシード入りで飾れなかった。11位でタスキを受けた10区の山本(関東学院大3年)は「個人的にワクワクしていた。前に進んでシードを獲る気持ちだった」。だが、気持ちは空回りし、順位を2つ落として13位に沈んだ。

 レース後は「足を引っ張ってしまった」と肩を落としたが「今回の経験を持ち帰って来年は自分のチームで頑張りたい」と、巻き返しを誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース