猪瀬都知事 五輪招致で強調「僕自身がスポーツマン」

[ 2013年1月4日 20:06 ]

 東京都の猪瀬直樹知事は4日の記者会見で、2020年夏季五輪の東京招致をめぐり「アピールポイントの一つは知事である僕自身がスポーツマンということだ」と述べ、10日にロンドンで開かれる海外メディア向けの記者会見などで自身のスポーツ体験を強調する考えを示した。

 知事は環境対策を訴えた16年夏季五輪の誘致失敗を振り返り「IOC(国際オリンピック委員会)の人から(環境問題は)国連で言ってくれとの反応があった。やはりスポーツについてきちんとプレゼンテーションしたい」と力説。

 昨年2月の東京マラソンに初挑戦して完走したことや、妻とテニスのラリーを約300回続けたことなどを挙げ「スポーツをやることでどれだけ健康になれるか。鍛えるだけでなく楽しむ気持ちを含めて、閉塞状況を突破していく必要もあると思っている」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース