順大 2年連続シード権獲得6位 指揮官は手応え

[ 2013年1月4日 06:00 ]

6位でゴールした順大10区・堀(中央)は笑顔で引き揚げる

第89回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・9キロ)
 順大は粘って2年連続のシード権獲得だ。往路8位発進から、9区の松村優(2年)が区間7位、10区の堀(4年)が区間9位とまとめ、総合6位でフィニッシュ。

 「(往路9位の)駒大に抜かれるのは想定内だった。できれば6位と考えていた。最後まで諦めないことの大事さを痛感した」と仲村監督。10、11年と予選落ちで本戦に出られない屈辱を味わったが、「自分たちの力を信じられるようになってきた」と指揮官は手応えをつかんでいた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース