“山の神”柏原抜けた穴が…東洋大 涙の2位 連覇ならず

[ 2013年1月4日 06:00 ]

悔しさをにじませながら2位でゴールする東洋大アンカーの冨岡

第89回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・9キロ)
 前回王者が完敗を喫した。往路3位から逆転を狙った東洋大だが、昨年8区で区間賞の大津(3年)が同区間で7位に沈むなど追い上げられず。失意の2位でゴールしたアンカー・冨岡(4年)は涙が止まらなかった。

 昨年までは5区・柏原(富士通)の激走で、往路4連覇。“山の神”が抜けた今年は往路でリードを奪えず、復路も爆発力を欠いた。「柏原さんがいたから強いんじゃなくて、東洋大の強さを証明したかった。ホントに悔しい」と冨岡はうなだれた。優勝した日体大には昨年、30分50秒もの差をつけたが、わずか1年で逆転された。柏原の穴を埋める4年生が現れずに苦戦。双子の設楽兄弟(3年)らが残る来年に向け、酒井監督は「山上りを主力級からつくらないといけない。1年間通して強化しないといけない」と険しい表情だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース