竹内は28位 ジャンプ週間第3戦

[ 2013年1月4日 23:55 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は4日、オーストリアのインスブルックで年末年始恒例のジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦(HS130メートル、K点120メートル)を行い、日本勢は竹内択(北野建設)が122メートル、115メートルの212・9点で28位となった。

 1回目に最長不倒の131・5メートルをマークしたグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)が合計253・7点で今季4勝目、通算44勝目を挙げ、マッチ・ニッカネン(フィンランド)の通算最多勝利数46まであと2勝とした。ジャンプ週間総合でも首位に浮上、2連覇に近づいた。

 ほかの日本勢4人はいずれも2回目に進めず、清水礼留飛(雪印メグミルク)は31位、葛西紀明(土屋ホーム)は34位、渡瀬雄太、伊東大貴(ともに雪印メグミルク)は43位と45位に終わった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース