錦織 初の4強入り「体が強くなって、きっちり成果が出てきている」

[ 2013年1月4日 17:56 ]

準決勝進出を決めガッツポーズする錦織圭

 テニスのブリスベーン国際は4日、オーストラリアのブリスベーンで行われ、男子シングルス準々決勝で世界ランキング19位の第5シード、錦織圭(日清食品)は同18位の第4シード、アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)に6―4、7―6で競り勝ち、3度目の出場で初の4強入りを果たした。

 第3ゲームをブレークして第1セットを先取し、第2セットはタイブレークにもつれ込んだものの粘り強いストロークで相手を振り切った。

 5日の準決勝ではロンドン五輪王者で世界ランキング3位のアンディ・マリー(英国)と対戦する。

 ▼錦織圭の話 (後半は)相手に合わせてしまったが、前半はいい形でプレーできた。体が強くなって、きっちり成果が出てきている。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース