アメフト大好き稀勢の里 初TV解説に照れ笑い

[ 2013年1月4日 06:00 ]

アメリカンフットボール日本選手権「ライスボウル」 オービック21―15関学大

(1月3日 東京ドーム)
 アメリカンフットボールの大ファンを自任する大相撲の大関・稀勢の里が日本選手権のテレビ中継のゲストを務めた。着物姿で放送席から身を乗り出す場面もあり「オービックの横綱相撲に挑む関学大のスペシャルプレーに魅了された。目の当たりにできて良かった」と敗者を称えた。

 数年前からNFLの衛星放送を全て録画しており「いろんな動きがあり、球技なのに全身で激しく当たり合うところが面白い」。スポーツ中継の放送席は初体験で「相撲のことをしゃべるのとは全然違う。もっと勉強しないと」と照れ笑いしていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース