Aシードの秋田工 強力モールに屈した「こちらの攻めミス」

[ 2013年1月4日 06:00 ]

<秋田工・御所実>前半、突進する秋田工・三浦

全国高校ラグビー準々決勝 秋田工12―17御所実

(1月3日 花園)
 東のAシードの秋田工が御所実の強力モールに屈した。前半9分、モールを押し込んでフランカーの宮川が先制トライを奪ったものの、モールやFW戦に固執するあまり、後半に息切れ。ボールを外に動かすプランも徹底できなかった。

 黒沢監督は「こちらの攻めミス。相手のモールの圧力に足が止まった」と振り返った。ただ、2年生が9人先発した若いチーム。指揮官は「もう一回帰ってきて悔しい思いを晴らしたい」と前を見据えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース