山梨学院大 50秒差でシード逃す「ラスト5キロは足の感覚がなかった」

[ 2013年1月4日 07:13 ]

11位でゴールした山梨学院大10区・福沢(中央)

第89回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・9キロ)
 山梨学院大は追い上げも届かなかった。9区の牧野主将(4年)が区間4位と好走し、10区・福沢(2年)もハイペースで追走。一時は10位・中央学院大との差を約30秒差まで縮めたが、50秒届かず11位に終わり、シードを逃した。

 福沢は「前が見えてきたけど、そこからきつくなってしまった。ラスト5キロは足の感覚がなかった。凄く悔しかったので、この気持ちを持ち続けないといけない」と来年以降のリベンジを誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース