中央学院大 ラスト切符死守 20歳誕生日のアンカー山田ホッ

[ 2013年1月4日 06:00 ]

10位でゴールする中央学院大アンカー・山田

第89回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・9キロ)
 中央学院大は10位でタスキを受けたアンカーの山田(2年)が後続の猛追を受けながらも順位をキープ。5位となった09年以来となるトップ10入りで、シード権を獲得した。

 一時は後ろを走る山梨学院大の福沢(2年)に100メートル差まで詰め寄られ「やばいと思った。焦って逃げなければと思いペースを上げた」と、一気に加速。この日は自身20回目の誕生日で「思い出に残るいい日になりました」とホッとした様子だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月4日のニュース