琴奨菊「大関にとっての勝ち越し」10勝目!

[ 2011年11月26日 20:34 ]

大相撲九州場所14日目

(11月26日 福岡国際センター)
 4連敗していた琴奨菊は少年時代から互いによく知る豊ノ島を押し出し。相手が右を巻き替えたところをおっつけて力強く前進し「大関にとっての勝ち越し」という10勝目を挙げた。ご当地の今場所で初の満員御礼も出て「うれしい。いい相撲を取って盛り上げたい」と言葉も弾む。

 千秋楽は先場所の自分と同じように大関昇進に挑む稀勢の里と対戦する。「注目の一番だ」と水を向けられると「何を言わせたいのよ」とニヤリ。もちろん、先輩大関として同世代の宿敵の壁となるつもりだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月26日のニュース