石川佳純 U―21初Vも 世界女王に敗れる「優勝よりうれしい」

[ 2011年11月26日 10:25 ]

U―21女子シングルスで初優勝し、ガッツポーズの石川佳純

 卓球のロンドン五輪テスト大会を兼ねたプロツアーのグランドファイナル第2日は25日、ロンドンで行われ、女子シングルス準々決勝で世界ランキング7位の石川佳純(全農)は、同1位で現世界女王の丁寧(中国)に0―4で敗れた。これでシングルスの日本勢は男女ともに全員敗退した。

 石川はU―21(21歳以下)シングルスの決勝で田志希(韓国)に4―1と快勝して初優勝した。

 ▼石川佳純の話 (丁寧戦は)これまでの対戦で一番いいプレーができた。U―21の優勝はうれしい。精神的に成長した。五輪に向けていいイメージができた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月26日のニュース