カーリング日本女子 韓国に3連敗…五輪出場ピンチ

[ 2011年11月26日 06:00 ]

 カーリングのパシフィック・アジア選手権は25日、中国・南京で準決勝が行われ、女子日本代表の中部電力は韓国に3―10で完敗。1次リーグからの韓国との対戦成績が3戦全敗となったため、決勝進出を逃し、上位2チームに与えられる世界選手権(来年3月、カナダ)の出場権も逃した。

 14年ソチ五輪(ロシア)の出場権は、来年と13年の世界選手権の順位を得点化し上位8チームに与えられる。最後の2チームを決める世界最終予選は、どちらかの世界選手権に出場していれば参加資格があるため可能性は残されるが、早くも厳しい状況に追い込まれたことは間違いない。26日、日本代表はニュージーランドと3位決定戦を行う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月26日のニュース