ブルガリア出身 新入幕の碧山が10勝目

[ 2011年11月26日 06:00 ]

大相撲九州場所13日目

(11月25日 福岡国際センター)
 ブルガリア出身で新入幕の碧山が木村山を押し出して2桁勝利を挙げた。「勝ち越しが目標でしたが、10番勝てました。前に出る相撲を取れたのがよかった」と笑顔。

 母国の先輩、大関・琴欧洲と対戦するのが夢で「早く番付を上げたい。残り2日間も頑張ります」と気合を入れた。三賞の有力候補となったが「さんしょう?一番、二番、三番(3勝)でしょ」。09年7月初土俵で一気に頭角を現したが、日本語の上達にはもう少し時間が必要かもしれない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月26日のニュース