渡部暁 後半距離で追い上げ3位、連日の表彰台!

[ 2011年11月26日 23:00 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は26日、フィンランドのクーサモで個人第2戦を行い、前日に行われた予備飛躍(HS142メートル、K点120メートル)で5位の渡部暁斗(北野建設)が得意の後半距離(10キロ)で追い上げ、3位に入った。渡部暁は前日の第1戦の2位に続く表彰台となった。

 ティノ・エデルマン(ドイツ)が優勝した。

 ▽渡部暁斗の話 悔しいけどきょうはこれが精いっぱい。風が強ければひとりで走るのはつらい。必死で前に出て自分のペースを維持することを考えた。

 ▽渡部善斗の話 (兄は)まだ遠いですね。得意のジャンプが駄目だったので走るしかないと思っていたら意外といけた。まだ上にはいっぱいいるので満足しないようにする。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月26日のニュース