「シード権連続保持」現役最長の鈴木 18年でストップ

[ 2011年11月26日 06:00 ]

カシオ・ワールドオープン第2日

(11月25日 高知・Kochi黒潮CC=7280ヤード、パー72)
 現役シード最長の18年間連続賞金シードを保持していた鈴木が権利を失った。65位からの浮上を狙ったものの、76と崩れて予選落ち。「終わるときはこんなもんか。もう少し頑張りたかった」とサバサバと語った。

 来年は一度だけ使える生涯獲得賞金25位以内の資格でツアーに出場する。45歳の通算8勝は「シニアまでやり残しがある。何らかの形で日本一を獲りたい」と、奮起を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月26日のニュース