遼くん 首位と9打差も「この試合も諦めない」

[ 2011年11月26日 18:13 ]

第3日、9番でバーディーを奪いガッツポーズの、通算2アンダーで15位の石川遼

カシオ・ワールドオープン第3日

(11月26日 高知県Kochi黒潮CC=7280ヤード、パー72)
 6バーディー、3ボギーでスコアを伸ばした石川遼は「チャンスは多くつくれた」と満足そう。序盤の連続ボギーで出遅れたが、7番から3連続バーディーを奪うなど巻き返した。

 不本意だった前日は、ラウンド後に練習場に直行し、振り込んだ。スイングで「トップの時に見える景色が違う」というほど修正した体重移動が安定感を生んだ。

 首位と9打差で、逆転賞金王の条件となる優勝への道のりは険しさを増した。そんな状況でも「毎週の日曜日と同じように、この試合も諦めない」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月26日のニュース