女子500で小平3位!今季初の表彰台に

[ 2011年11月26日 20:02 ]

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)アスタナ大会第2日は26日、カザフスタンのアスタナで行われ、女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が37秒99で3位になり、今季初の表彰台に立った。

 ジェニー・ウォルフ(ドイツ)が37秒984で優勝し、辻麻希(十六銀行)は38秒36で5位だった。

 男子500メートルはヤン・スメーケンス(オランダ)が35秒05で制し、日本勢は加藤条治(日本電産サンキョー)が35秒29で8位になったのが最高。上条有司、羽賀亮平(ともに日本電産サンキョー)が9、10位で続き、及川佑(大和ハウス)は14位、長島圭一郎(日本電産サンキョー)は15位と振るわなかった。

 女子1500メートルには小平と高木美帆(北海道・帯広南商高)が出場。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月26日のニュース