有村 見違えるように変身 秘けつは「円を描くイメージ」

[ 2011年11月26日 16:33 ]

第3日、通算2アンダーの5位に浮上した有村智恵は、15番で長いバーディーパットを決め、ギャラリーに笑顔で応える

リコーカップ第3日

(11月26日 宮崎市宮崎CC=6482ヤード、パー72)
 有村が前日まで「思った通り打っても入らない」と頭を抱えていたグリーン上で、見違えるように変身した。

 4番で12メートルのバーディーパットを決めたほか、15番では18メートル、最終18番も7メートルを決めるなど、好パットでボギーなしの6バーディーを奪った。

 「狙った点に真っすぐ打つのではなく、円を描くイメージでラインに乗せたのがよかった」と変身の理由を話す。5打差を追う最終日は「優勝は意識しない」そうで「1年の締めくくりにいいゴルフをするだけ」と珍しく淡々とした姿勢だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月26日のニュース