こだわり旬の旅

【山口県】伝説ゆかりの湯田温泉 食べるのがもったいない!?白狐アイス

[ 2017年11月3日 20:01 ]

狐の香を模した白狐アイスクリーム。狐の足あとの名物だ
Photo By スポニチ

 山口県の県庁所在地、山口市の市街地にある湯田温泉で、変わった名前の店を見つけた。「狐の足あと」。約800年前、けがをした白狐が傷を癒やしたという同温泉の伝説から命名したもので、グルメを含めた町歩き情報や「山口の旅」などを紹介する観光拠点施設だ。館内にはカフェがあり、油揚で包んだ狐の顔をした白狐アイスクリーム(350円)は“必食”。

 DC期間中は県内26蔵元の地酒を集めた「やまぐち地酒フェア」(利き酒セット500円など)を開催したり、SLラテアート(420円)などがメニューに登場。館内にある趣の異なる3つの足湯(200円)に持ち込んで味わえるのも楽しい。また2階多用途スペースでは、アニメ「文豪ストレイドッグス」の世界展(入場無料)を来年1月21日まで開催中。JR山口線湯田温泉駅から徒歩約10分。(電)083(921)8818。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る