神村学園初戦突破!高橋ワイルドV弾 ゴール見ず「感覚です」

[ 2018年1月1日 05:30 ]

第96回全国高校サッカー選手権第2日   神村学園1―0秋田商 ( 2017年12月31日    駒沢ほか )

<神村学園・秋田商>後半、勢い良くシュートを放つ神村学園・高橋
Photo By スポニチ

 野性味たっぷりの一撃が、神村学園を救った。前半38分、ペナルティーエリア外で受けた高橋が、体を反転させながら左足を強振。低い軌道で約25メートル先のゴール右隅へとぶち込んだ。リズムをつかめない中での決勝ゴール。エースの仕事を完遂した。「流れが悪かったので、シュートを打っておかないとと思った。ゴールは見ていない。感覚です」。自画自賛の得点に、左手人さし指を天に突き上げてみせた。

 島全体が世界遺産の屋久島出身。秘められた才能は、与えられた環境で開花した。小さい頃は木が多く生えた自宅近くの公園に出かけ、木をDFに見立ててドリブル練習。夏には浜辺でボールを海に蹴り込み、泳いでボールを取りに行くなど目の前に広がる自然をフル活用した。「離島でハンデを感じることが多かった。悔しかった」。1メートル64の小兵ながら大自然で培った粘り腰のミドル弾は、努力のたまものだった。

 清水加入が内定し、屋久島出身者として初のJ1選手となる。自らのプレーで島の人々に希望を与える自覚も芽生えた。「自分が活躍して“あの兄ちゃん頑張っている”と思われる。それは忘れたことはない」。その責任感があるからこそ低調だった試合の出来が恨めしい。「見ている人がガッカリする試合で反省している。100点満点で2点」と厳しく自己採点した。

 高橋が当時小学4年だった10年1月2日。超攻撃サッカーで強豪・中京大中京(愛知)を10―0で粉砕した赤色のユニホームに憧れ、中学1年から海を渡る決断を下した。今度は自分が夢を与える番だ。目指すは悲願の初優勝。Jの舞台に飛び込む司令塔には、まだ高校での使命が残っている。

 ▼秋田商小林監督 今までで一番いいゲームの入り方をしたが、相手のエースにうまくシュートを決められてしまった。前半0―0で終わりたかったので、もったいなかった。

 ◆高橋 大悟(たかはし・だいご)1999年(平11)4月17日生まれ、鹿児島県屋久島町出身の18歳。神村学園中時代に全国大会3位を経験し、神村学園高へ進学。17年6月にはU―18日本代表に選出され、ポルトガル遠征に参加した。50メートル走6秒5。スパイクのサイズは25センチ。家族は両親、姉、弟。1メートル64、53キロ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース