ゼロックス杯カードが川崎F―C大阪に決定 柏は繰り上がりでACL

[ 2018年1月1日 18:45 ]

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会   C大阪2―1横浜 ( 2018年1月1日    埼玉 )

<C大阪・横浜>天皇杯を制し喜ぶC大阪イレブン
Photo By スポニチ

 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会は1日、埼玉スタジアムで決勝戦が行われ、C大阪が延長戦の末、横浜に2―1と逆転勝ちを収めて前身のヤンマー時代以来43年ぶり4度目の優勝。昨年11月のYBCルヴァン杯と合わせて今季2冠を達成した。

 この結果、2月10日に開催される富士ゼロックス・スーパー杯(埼玉)の対戦カードは川崎F―C大阪に決定。同大会はシーズン開幕を告げる大会で、Jリーグと天皇杯それぞれの優勝チームが対決する。

 また、C大阪は天皇杯優勝によりアジア・チャンピオンズリーグ1次リーグからの出場が決定。J1リーグ戦4位の柏が繰り上がってプレーオフからACLに出場することも決まった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース