岡崎、途中出場で“存在感”サポからの応援歌に「恥ずかしい」

[ 2018年1月1日 05:30 ]

プレミアリーグ・第21節   レスター1―2リバプール ( 2017年12月30日 )

<レスター・リバプール>後半、競り合う岡崎(右)
Photo By 共同

 レスターのFW岡崎は1―1の後半28分から途中出場した。相手を背負った体勢からターンして右足でシュートを打つなど存在感を発揮。ピッチサイドでウオームアップしていた前半には敵地に駆け付けたサポーターから応援歌で鼓舞され「あれは恥ずかしい」と苦笑いした。

 今季は目下6得点。目標の2桁へ「そのチャンスまであと4点。守備で頑張っていると認められても、FWはやっぱり得点」と意欲を見せた。次戦は中1日で、1日のハダースフィールド戦に臨む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース