キャリア1年のGK相沢完封!日本文理を初出場初勝利に導く

[ 2018年1月1日 05:30 ]

第96回全国高校サッカー選手権第2日   日本文理2―0立正大淞南 ( 2017年12月31日    駒沢ほか )

<日本文理・立正大淞南>後半、日本文理GK・相沢ピーターコアミ(中央)が好セーブを見せる
Photo By スポニチ

 キャリア1年の異色GK相沢ピーターコアミ(2年)が完封で日本文理(新潟)を初出場初勝利に導いた。父がガーナ人のハーフで1メートル90の長身。後半だけで2度のビッグセーブを見せた。

 前回大会の開幕戦で好プレーを連発した関東第一のGK北村海チディ(現2年)に魅せられ、昨年1月からGKを始めた。「昨日(関東第一が)負けたのはショックでした。後ろで安心感を与えられるGKになりたい」と話していた。

 ▼立正大淞南南監督 得点チャンスもありましたが、立ち上がりから押し込まれてしまった。相手は押し込んだ後のクリアの質が高く、一気にまくられてしまった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース