C大阪“お年玉”1・5億円ゲット「賞金はどうなるんですか?」

[ 2018年1月1日 20:04 ]

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会   C大阪2―1横浜 ( 2018年1月1日    埼玉 )

<C大阪・横浜>天皇杯を制し喜ぶC大阪イレブン
Photo By スポニチ

 天皇杯を制覇したC大阪が“お年玉”をたっぷりとゲットした。1億円から1・5億円に今年度から増額された優勝賞金をゲット。さらにACLの1次リーグからの出場が確定し、来季の初戦は2月10日のゼロックス杯川崎F戦(埼玉)に決定した。これにより、約1週間か約2週間かで流動的だったオフ期間は2週間に。1月30日のACLプレーオフを回避したことで、選手たちは休息期間を多めに取れることになった。

 試合後の囲み取材で「賞金はどうなるんですか?」と選手たちから聞かれたことを明かした玉田稔社長。「また今度」と返したようで、報道陣の笑いを誘っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース