仙台育英劇的ロスタイム!佐藤一決勝弾でハット「狙ってた」

[ 2018年1月1日 05:30 ]

第96回全国高校サッカー選手権第2日   仙台育英3―2高松商 ( 2017年12月31日    駒沢ほか )

<仙台育英・高松商>試合終了間際、ヘディングシュートで決勝ゴールを決め、ハットトリックを達成した仙台育英・佐藤一
Photo By スポニチ

 仙台育英のFW佐藤一輝が今大会初のハットトリックを達成した。前半5分に左足、同ロスタイムに頭で決めると、2―2の後半ロスタイムに再び頭で殊勲の決勝弾。同じ仙台?ユース出身で神戸入りが内定している青森山田MF郷家に視線が集まる中、立正大に進学する佐藤は「狙っていた。点を取れば注目されると思っていた」と喜んだ。

 3点目をFKから演出した貝森は直前に足がつり交代予定だったが、まぶたを打撲した志村が交代。アクシデントによる交代策が結果的に奏功した。来季からJリーグの広島を率いる浩氏の実兄・城福敬監督は「サッカーは何が起こるか分からない」と振り返り、2回戦の米子北戦へ向け「まさしく挑戦者。ひと泡吹かせてやりたい気持ち」と意気込みを語った。

 ▼高松商川原監督 追いつくところまでは高商のサッカーが出せたので良かった。最後はセットプレーで失点し甘さが出てしまった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース