滝川二の主将・稲田、左足先制弾!レスター岡崎の系譜「9」

[ 2018年1月1日 05:30 ]

第96回全国高校サッカー選手権第2日   滝川二2―0実践学園 ( 2017年12月31日    駒沢ほか )

<滝川二・実践学園>後半、ドリブルする滝川二・稲田(中央)
Photo By スポニチ

 背番号9の主将。レスターで活躍するOB岡崎慎司の系譜を継ぐ滝川二(兵庫)の稲田が鮮やかな先制弾を決めた。前半12分、敵陣での混戦から生まれたこぼれ球に反応。約25メートルの距離から浮いたボールを左足ダイレクトで振り抜いた。

 モチベーションを高めるため、前夜と試合会場に向かうバスで高校時代の岡崎のゴール映像を確認。「気持ちを込めて蹴ったら入りました。9番をもらった以上はゴールを求められる。狙っていきたい」と量産を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース