実践学園、序盤の失点響き零敗…8大会ぶり東京勢1回戦敗退に

[ 2018年1月1日 05:30 ]

第96回全国高校サッカー選手権第2日   実践学園0―2滝沢二 ( 2017年12月31日    駒沢ほか )

<実践学園・滝川二>初戦で敗れうなだれる実践学園イレブン
Photo By スポニチ

 実践学園(東京A)は初戦突破はならなかった。前半12分にミドルシュートを決められて先制を許すと、6分後には浮き球のパスで崩されて失点。深町監督は「前半15分まで耐えられなかったことが敗因」と振り返った。

 関東第一(東京B)も30日の開幕戦で佐賀東(佐賀)に0―2で敗れており、東京勢がともに1回戦で姿を消すのは09年度以来8大会ぶりとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース