“初出場”清水桜が丘PK戦で涙…白井「幸せな時間でした」

[ 2018年1月1日 05:30 ]

第96回全国高校サッカー選手権第2日   清水桜が丘1―1(PK3―5)高川学園 ( 2017年12月31日    駒沢ほか )

<清水桜が丘・高川学園>PK戦で清水桜が丘4人目・白井はPKを外しガックリ
Photo By スポニチ

 13年の統合で清水桜が丘(静岡)として現校名になって初出場の初戦はPK戦で涙。前身の清水商を全国選手権3度優勝に導いた大滝監督は「思うようにいかなかった。それでもこの舞台でやらせていただき感謝です」と話した。

 元日本代表MF小野(札幌)らが背負った8番を受け継ぐMF白井海斗主将(3年)は「子供の頃から憧れていた舞台でのプレー。幸せな時間でした」とうなずいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース