長崎総合科学大付・安藤、小嶺監督申し子弾「大久保2世」FW

[ 2018年1月1日 05:30 ]

第96回全国高校サッカー選手権第2日   長崎総合科学大付3―0中京大中京 ( 2017年12月31日    駒沢ほか )

<長崎総科大付・中京大中京>後半、長崎総科大付・安藤(中央)はゴールを決め笑顔を見せる
Photo By スポニチ

 高校No・1ストライカー安藤が実力の片りんを見せた。2―0の後半ロスタイム、右サイドを突破したFW荒木が折り返すと、中央で右足を振り抜きゴールネットを揺らした。とどめの一撃。背番号10は「チームの勝利に貢献することだけを考えた」と胸を張った。

 中学時代は県選抜の経験もない原石。長崎総合科学大付進学後、名将・小嶺監督の下で才能を開花。2年時の全国高校選手権では優秀選手となり、各年代の日本代表入りも果たした。多くのJクラブから誘いを受けてC大阪入りが内定した。

 かつて島原商、国見を率い多くの名FWを育てた小嶺監督は「彼の良さは強引なところ。いつでも点を取る力がある。大学生相手ならぶっちぎる」と評す。この日もボールを持てばゴールに向かい、迷わずシュートを放った。マンマークに遭いながら両チーム断トツのシュート6本を放ったのは面目躍如だ。

 小嶺監督が指導した元日本代表FW大久保嘉人に体格やスタイルが似ており「大久保2世」と呼ばれる。今年FC東京の練習に参加した際に対面。「優しい人だった。似ているところがある。憧れというか超えたい存在」と自身にとっても目標の人になっている。

 「優勝したいという気持ちが強い。個人的にはもっと点を決めたい」。今大会の目標は初優勝。そして大迫勇也(ケルン)が持つ大会最多得点記録(10点)の更新。だから1点では満足できない。

 「決めたけど(新記録まで)あと10点もある」。今大会の主役は貪欲さをにじませた。

 ▼中京大中京MF本山主将 集中してやれた。点を取られてもしっかり守れたしチャンスもつくれた。そういう意味で良いサッカーはできた。

 ◆安藤 瑞季(あんどう・みずき)1999年(平11)7月19日、大分県生まれの18歳。中学時代は大分県佐伯市のFC佐伯S―Play・MINAMI所属。全国高校選手権は昨年度(2回戦敗退)に続く2度目の出場。16年U―17日本代表選出。17年U―18日本代表としてU―19アジア選手権予選などに出場、U―19日本代表、U―20日本代表候補にも選出。1メートル74、74キロ。利き足は右。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年1月1日のニュース