MFゲッツェ MOM受賞!独代表ホープがW杯初得点

[ 2014年6月23日 05:30 ]

ガーナ戦で先制ゴールを決め喜ぶドイツ代表ゲッツェ(AP)

W杯1次リーグG組 ドイツ2―2ガーナ

(6月21日 フォルタレザ)
 ドイツの次代を担う22歳のMFゲッツェがW杯初得点を決めた。後半6分、ミュラーの右クロスから先制弾。マン・オブ・ザ・マッチも受賞し「厳しい状況の中で自分たちはよくやった」と汗を拭った。

 09年のU―17欧州選手権優勝に貢献し、18歳でA代表デビュー。ドルトムント時代に香川のチームメートだったことでも知られる逸材は決勝トーナメント進出を懸けた26日の米国戦へ「体の回復に努めて、勝ち点3を取る準備をしたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年6月23日のニュース