ザック監督 コロンビア戦はここまで来たら「対策」より「信念」

[ 2014年6月23日 09:46 ]

会見に臨むザッケローニ監督

W杯ブラジル大会1次リーグC組 日本―コロンビア

(6月24日 クイアバ)
 日本代表のザッケローニ監督は「コロンビア対策」よりもあくまで「自分たちのサッカー」に重きを置く。

 3日間の練習機会のうち、1日をオフにしたことで対策を練る時間は減った。それでも「4年間、哲学として掲げてきたのは、一番に自分たちのサッカーを出すということ。もちろん相手の長短所を1つ、2つ選手には落とし込むが、相手の情報を与えすぎると警戒し過ぎてしまう。それは、自分たちを信じようというメッセージでもある」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年6月23日のニュース