フェルマーレン 左膝負傷…ロシア戦強行出場も途中交代

[ 2014年6月23日 01:52 ]

前半31分、試合前の練習中の負傷が響き交代するベルギー代表フェルマーレンとウィルモッツ監督(AP)
Photo By スポニチ

W杯1次リーグH組 ベルギー1―0ロシア

(6月22日 リオデジャネイロ)
 ベルギー代表のDFフェルマーレンが試合前のウォーミングアップ中に左膝を負傷した。

 この試合では欠場も予想されたが、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる大事な一戦だけに強行出場。第1戦と同じく左SBに入った。

 しかし、前半途中に動きが鈍くなると同31分にDFフェルトンヘンと交代。ゆっくりと歩きながらピッチを後にした。ケガの状況は明らかになっていないが長期離脱となった場合、好スタートを切った同国代表にとって痛手となる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年6月23日のニュース