クローゼ 20戦出場で最多得点並ぶ!4大会連続弾も3人目の快挙

[ 2014年6月23日 05:30 ]

後半26分、交代直後にドイツのクローゼ(中央)がW杯通算15点目のゴールを決め、歴代最多得点に並ぶ

W杯1次リーグG組 ドイツ2―2ガーナ

(6月21日 フォルタレザ)
 ドイツFWクローゼがガーナ戦の後半24分から今大会初出場し、2分後の同26分にW杯通算15点目のゴール。ロナウド(ブラジル=98~06年出場)が持つW杯通算最多得点記録に並んだ。

 これで02年大会から4大会連続ゴールもマーク。4大会連続はペレ(ブラジル=58~70年)ゼーラー(西ドイツ=58~70年)に次ぐW杯史上3人目の快挙。また、W杯通算20試合出場はカフー(ブラジル)らと並ぶ6位タイ。今大会のドイツの残り試合は最大5試合。クローゼが全ての試合に出場すれば、歴代単独1位のマテウス(ドイツ=25試合)と並ぶ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年6月23日のニュース