ポルトガル、後半ロスタイム弾で米国とドロー 決勝T進出に望み

[ 2014年6月23日 09:04 ]

<ポルトガル・米国>先制弾を決めたポルトガル代表FWナニ(AP)

W杯ブラジル大会1次リーグH組 ポルトガル2―2米国

(6月22日 マナウス)
 ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第11日は22日(日本時間23日)、1次リーグG組で米国とポルトガルの対戦は2―2で引き分けた。ポルトガルは後半ロスタイムの劇的な同点弾で、決勝トーナメント進出に望みをつないだ。米国は最終戦ドイツ戦、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まり、敗れた場合もポルトガルとガーナの試合結果によっては1次リーグ突破が決まる。

 初戦ドイツ戦に惨敗したポルトガルは、負傷の影響が心配されたFWC・ロナウド(レアル・マドリード)が先発。初戦で愚行から退場となったペペ(レアル・マドリード)の代わりにはDFコスタ(バレンシア)が、負傷したDFコエントラン(レアル・マドリード)、FWウーゴ・アウメイダ(ベシクタシュ)に代わってはDFアンドレ・アウメイダ(ベンフィカ)、FWポスティガ(ラツィオ)が名を連ねた。米国は初戦で負傷交代したFWアルティドア(サンダーランド)に代わって、FWズシ(カンザスシティー)が先発出場。

 負ければ1次リーグ敗退が決まるポルトガルは開始から攻勢に出る。前半5分MFベローゾ(ディナモ・キエフ)の左クロスが相手DFキャメロン(ストーク)のクリアミスで、ファーサイドでフリーだったFWナニ(マンチェスター・ユナイテッド)に渡ると、ナニが冷静に決めて先制。勢いに乗りたいポルトガルだったが、同16分ポスティガが左太ももの負傷でFWエデル(ブラガ)と交代。

 その後は米国ペースで展開すると、同17分FWデンプシー(シアトル)のシュートはGKがセーブ。同32分DFジョンソン(ホッフェンハイム)の強烈なミドルシュートは枠を外れ、同35分ジョーンズ(ベシクタシュ)のミドルシュートはGKに止められた。ポルトガルは同36分ロナウドのロングシュートがGKに止められ、同45分ナニのシュートは右ポストに嫌われ、こぼれ球をエデルが狙ったが、GKハワード(エバートン)の好セーブで追加点を決められない。前半はポルトガル1点リードで終える。

 ポルトガルのベント監督は崩され続けた左サイド強化のため、左サイドバックのA・アウメイダに代わりDFカルバーリョ(スポルティング)を投入。しかし、後半10分ジョンソンに左サイドの裏を抜けられると、折り返しにMFブラッドリー(トロント)がシュート。これはゴールラインぎりぎりで、コスタがなんとかクリアして難を逃れる。

 米国ペースは変わらないが、同17分ポルトガルはカウンターからロナウドがドリブルで持ち込む好機も、シュートはゴール右を大きく外れる。すると同19分、米国がついに追いつく。右CKの流れたボールをジョーンズがナルティエリア手前から右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右に決まる。さらに、同36分DFイエドリンの右クロスこぼれ球にブラッドリーが反応。左のズシが中央に入れると、デンプシーが押し込んで、米国がついに逆転する。

 後がなくなったポルトガルは猛攻を仕掛けると、後半ロスタイムに劇的な同点弾が決まる。右サイドからロナウドの絶妙なクロスに、途中出場のFWバレラ(ポルト)が飛び込んで、頭で叩き込んだ。試合はこのまま2―2で終了。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年6月23日のニュース