マラドーナ氏 劇弾見逃す…会長「疫病神去ったから勝てた」

[ 2014年6月23日 05:30 ]

<アルゼンチン・イラン>前半、席を離れるアルゼンチンの英雄マラドーナ(AP)

W杯1次リーグF組 アルゼンチン1―0イラン

(6月21日 ベロオリゾンテ)
 元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(53)は“後継者”の劇的ゴールを見逃した。

 15日のアルゼンチン―ボスニア・ヘルツェゴビナ戦は入場を拒否されたとしてテレビ観戦。この日は無事スタンドで観戦したが、0―0の後半42分に競技場を後にしていた。警備上の理由とみられ、マラドーナ氏と仲が悪いアルゼンチン協会のグロンドーナ会長は「疫病神が去った後に勝った」と痛烈な皮肉。これに対し、マラドーナ氏は母国のテレビ番組で「彼は愚か者。自分は仕事をした結果ここにいるが、彼はFIFAへの買収で今の地位にいる」と反論した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年6月23日のニュース