佐々木蔵之介が「科捜研」最強の敵!天才科学者役で劇場版出演 沢口靖子と“バチバチ”

[ 2021年5月7日 07:00 ]

「科捜研の女 -劇場版-」に出演する佐々木蔵之介と沢口靖子
Photo By 提供写真

 俳優の佐々木蔵之介(53)が映画「科捜研の女 ―劇場版―」(監督兼崎涼介、9月3日公開)に出演する。

 科学の力で難事件を解決する人気作で、放送開始から22年目で初の映画化。佐々木はシリーズ史上“最強の敵”となる天才科学者役で、主演の沢口靖子(55)演じる法医研究員と科学者同士の戦いを展開する。さまざまな役を演じてきた佐々木だが科学者を演じるのは初めて。「セリフ量も専門用語の物量も多く大変でした」と苦笑。「20年の歴史に甘えず、自信を持って現場が進行していくチームに呼んでいただけて、とてもうれしかった」と語った。

 沢口は「お芝居にスイッチが入ると凄い迫力で気おされそうでした。私も負けないように心を強く持って撮影に臨みました」と共演を振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月7日のニュース