マツコ 収集癖を明かすも自虐「マグネット地獄よ」「本当何やっているんだろう」

[ 2020年11月28日 19:24 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(48)が27日放送のテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(金曜後8・00)に出演。様々なものをコレクションしてしまうとし、自宅の様子も告白、有吉弘行(46)から「怖い」と指摘された。

 視聴者からのメールコーナー。過去にステッカーを集めていたとの内容が届いた。マツコは自身が収集していたものにマグネットを挙げ、「ちょっとやり始めちゃうと、いりもしないのにマグネットを探し始めるの。お土産屋さんとかサービスエリアで」。

 すしネタのマグネットをコレクションしていたそう。「冷凍庫の所をおすしコーナーにして、全部のネタを(貼って)。豪華すしになった」と振り返るも、「完成させた時に一つの終わりが来たよね。本当何やっているんだろうって思った」と漏らした。水道業者のマグネット広告も集めたといい、「マグネット地獄よ」と笑った。

 さらに福島・会津地方の郷土玩具「赤べこ」もお気に入り。「赤べこ好きだからさ、家族でいるから。みんな角度を変えてこっち向いてる」。自宅には「ダルマコーナー」もあると明かし、「小さいダルマを集めだしたら止まらなくなっていて。今本当にやめているの、もうきりがないと思って」と話した。

 一つ手に入れると集めたくなるタイプという。そのため「ソファーテーブルが置物だらけ」になったと明かし「みんなこっちを見ている」とコメント。「マツコさんはそういう癖があるから」と、収集癖に一定の理解を示していた有吉も、これには「怖いよ」とツッコんでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月28日のニュース