「エール」岩城さん好演の吉原光夫とは?圧巻の歌声で最終回MVP!“最年少”記録の実力 ドラマ初出演

[ 2020年11月28日 11:30 ]

連続テレビ小説「エール」最終回。「イヨマンテの夜」を熱唱した岩城(吉原光夫)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の窪田正孝(32)が主演を務めたNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)の最終回コンサート(11月27日)で圧巻の歌声を披露したのが、ミュージカル俳優の吉原光夫(42)。今作がテレビドラマ初出演となり、お茶の間にはなじみがなかったため、劇団四季出身の実力に驚く視聴者が相次いだ。男気あふれる馬具職人・岩城を好演した吉原とは?

 吉原は27日夜、自身のツイッターを更新。「『エール』。これにて終演。感謝です。何より、この状況下で長い撮影を乗り切ったすべてのスタッフ、キャスト、特に長丁場を踏ん張った窪田正孝さんと二階堂ふみさんには最大の敬意を。志村けんさんのご冥福を…」とつづった。

 朝ドラ通算102作目。全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909―1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・音(二階堂ふみ)の夫婦愛を描いた。

 最終回は、窪田が司会を務める「『エール』コンサート」と題した特別編。劇中登場してきた古関さんの名曲の数々から、オールキャストが「長崎の鐘」など全9曲を熱唱した。10月22日、東京・渋谷のNHKホールで収録。本編のドラマパートは一切なく、全編15分コンサートは朝ドラ最終回史上初とみられる極めて異例の試み。音楽の力を描き、本職のミュージカル俳優を多数起用した今作ならではの企画となった。

 吉原は6番目に職人姿のまま登場。「イヨマンテの夜」を披露した。もともとはNHKのラジオドラマ「鐘の鳴る丘」に登場した山男のメロディー。このエピソードは第112話(11月17日)でも紹介された。

 吉原が「アーホイヨーアー」と歌い始めると、度肝を抜かれる視聴者が続出。SNS上には「岩城さん、声量オバケ?」「テレビからの音声なのに圧を感じる歌声」「岩城さん、優勝」などの書き込みが相次いだ。

 同じく劇団四季出身で藤堂昌子を好演した女優の堀内敬子(49)も「見どころはたくさんありますが、やはり吉原光夫さんの歌唱でしょう!」、岩城がおかみさんと慕った関内光子を好演した女優・薬師丸ひろ子(56)も「『岩城さん、歌がうまいのよ』と光子の台詞でもありましたが、岩城さんの魂のこもった歌に感動しました」と予告したほど。演劇ファンにはおなじみの存在だが、「エール」本編に吉原の歌唱シーンがなかったこともあり、お茶の間を圧倒し、衝撃を与えた。

 吉原が演じたのは、関内家が営む馬具店の無骨な職人頭・岩城。強面だが、職人としての腕は一流。音(二階堂)が小さい頃は作業場に入っただけで叱っていたが、音の父・安隆(光石研)亡き後、人手が足りず、音に馬具作りを手伝ってもらうように。第19話(4月23日)、歌手になるという音に「お嬢(音)は筋がいい。安隆さんの腕を継いどる」と残念がった。

 岩城は音の母・光子(薬師丸)と関内家を支え、末っ子・梅(森七菜)の夫・五郎(岡部大)に馬具作りの技術を伝授した。第57話「父、帰る 後編」(6月16日)、あの世から現世に戻った安隆が「再婚を許す」と岩城に手紙を残したが、安隆の姿は二親等までしか見えず、その気配を感じながら、岩城は「おれは安隆さんといるおかみさんが好きなんです」と書き加えた。

 しかし、第89話(10月15日)、豊橋に空襲。小説の原稿を取りに燃え盛る家に戻った梅を助けるため、火の海に飛び込んだ岩城。第90話(10月16日)、終戦。一命は取り留めたものの、ベッドに寝たきり。光子は「岩城さん、心臓が悪かったの。ずっとつらいの隠して働いてくれとったんだね」。五郎は「自分のことばっかりで。申し訳ありません」と泣き崩れた。第91話(10月19日)、静かに天国に旅立つ。出番は多くはなかったが、存在感を示してきたため、インターネット上には「岩城さんロス」が広がった。

 吉原は1999年、劇団四季附属研究所に入所。数々の舞台に出演し、2007年、劇団四季を退団した。11年、帝国劇場開場100周年記念公演「レ・ミゼラブル」の主演(山口祐一郎、別所哲也とトリプルキャスト)に抜擢。日本公演の歴代最年少となる32歳で主人公ジャン・バルジャン役を演じた。

 テレビドラマデビュー作がいきなり注目度の高い朝ドラとなったが、吉原は「よくマネージャーに怒られるんですが、オファーを喜ぶことは作品に対して失礼かなと思ってしまうんです。のちに己を裏切ってしまう感情になるというか。マネジャーに対しては『こんなオレが朝8時に映ってもいい顔なのかな?』というのは聞きましたよ(笑)。『もうちょっとリアクション下さい。NHKですよ、朝ドラですよ』とマネジャーに返されて。謝った上で、大きめのリアクションを取りましたね(笑)。思ってもいなかったというのが正直なところです。自分とNHK、自分と朝ドラ、というのがリンクしていなかったので。テレビドラマの出演自体が今回初めてですからね」とオファーに驚き。

 「最初の撮影は緊張していて、ほとんど覚えていないんです。僕が普段テレビで見るような方々がいらっしゃって。職人として腕が一流という設定なので、凄くプレッシャーがありました」としながらも、北海道にある馬具工房へ足を運び、役作り。お世話になった工場の職人からは「普通に働けるよ」と革に穴を開け、糸を通すなどの技術を褒められたといい「死ぬほど練習をしたので、そこは自信があります。手にはマメがたくさんできましたけどね」と手応えを示した。

 放送開始時に「今回ドラマという新しい世界に飛び込みましたが、ミュージカルや映画でやっていることと僕自身はアプローチの仕方は変えていません。ミュージカルを見てくださっているお客さまが、朝ドラをどう見るかは分からないですが、たぶん僕についてはあまり違和感なく見ていただけると思います。そこまで出演シーンが多いわけではないので(笑)、是非、見つけていただけたらと思います」と語っていたが、最終回MVP級の活躍となった。

 12月には、三谷幸喜氏(59)が上演台本・演出を手掛けるニール・サイモン原作の舞台「23階の笑い」(12月5~27日、東京・世田谷パブリックシアター)に出演。来年5~7月に上演されるミュージカル「レ・ミゼラブル」(東京・帝国劇場)で再びジャン・バルジャンに挑む。インパクトを残した「エール」に続く映像作品への出演も期待される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月28日のニュース