「VS嵐」イブに最終回4時間SP 生出演の場面も フジ「期待を上回るものにしたい」

[ 2020年11月28日 05:30 ]


Photo By スポニチ

 今年いっぱいで活動を休止する「嵐」がレギュラー出演するフジテレビ「VS嵐」(木曜後7・00)の最終回が、クリスマスイブの12月24日に4時間スペシャルで放送されることになった。同局の定例会見が27日、都内で行われ発表された。

 番組は2008年4月にスタート。メンバーが毎回ゲストを迎え、体感ゲームで対決するバラエティーとして人気を集めた。同局の遠藤龍之介社長は「12年間の集大成にふさわしい放送になるようにスタッフ一同、アイデアをしぼっている」と強調。「ファンの皆さんの期待を裏切らないことはもちろん、期待を上回るものにしたい」と自信をのぞかせた。

 詳細な内容について石原隆取締役は「現在検討中です」と説明。大掛かりなセットを使用する番組だけに「4時間全てを生放送にするのは難しいかもしれない」(同局関係者)というが、メンバーが生出演する場面があるのは確実。番組を楽しんできたファンに向けて感謝のメッセージを送るとみられる。放送当日の12月24日は相葉雅紀の38歳の誕生日でもあり、ファンにとってはメモリアルな一日になりそうだ。

 「VS嵐」の後番組で相葉が司会を務める「VS魂」は、来年1月3日にスタートすることが決定。3時間スペシャルで新春を彩り、新レギュラーメンバーも番組内で発表される予定だ。

 《大みそか「ジャニーズカウコン」企画変更》毎年同局が大みそかに年またぎで中継していた「ジャニーズカウントダウンコンサート」について、石原取締役は「例年のようにお客さんを入れてのコンサートを生放送するのは困難」と指摘。代わりの企画について、同取締役は「先方(ジャニーズ事務所)と話し合って内容を詰めています」と説明。ジャニーズのタレントが出演する番組が放送されるが、嵐の出演については「それも含めて調整中」と語るにとどめた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月28日のニュース