純烈 メインボーカル・白川離脱中に「歌番組」スケジュール リーダー・酒井「恐ろしい」

[ 2020年11月24日 08:44 ]

純烈の酒井一圭
Photo By スポニチ

 4人組歌謡グループ「純烈」のリーダー・酒井一圭(45)が24日、自身のツイッターを更新。メインボーカルの白川裕二郎(43)が左肩腱板断裂の手術することについて言及した。

 白川の一時離脱に「デビューは6人だった純烈。いよいよ3人で活動か(遠い目)」とジョークを飛ばした酒井。「少年隊、アルフィー、海援隊、アリス」など3人組の名前を並べ、「素晴らしいトリオの先輩を追いかけたいと思います」とつづった。

 それでも「何が恐ろしいって白川不在の3人の純烈のスケジュールに『歌番組』があるという現実」と不安をポロリ。笑顔の顔文字付きで「有難いけど言うとくわ 事務所のスタッフも狂ってるし、番組スタッフも狂ってるわ」と冗談を飛ばし、「発表をお楽しみに~」とファンへ呼びかけた。

 関係者によると、白川は左肩に慢性的な痛みを感じていたが、今月上旬に左腕が上がらなくなり、上腕骨と肩関節を結ぶ腱が切れていることが判明。きょう24日に手術する。入院は1週間未満となる見込みで、来月1日のNHK「うたコン」(火曜後7・57)生放送が、復帰初仕事になる予定だという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月24日のニュース