バナナマン日村が語る 察知能力がある女性タレントとは 設楽「仕事が多い人はそれができます」

[ 2020年11月24日 17:35 ]

「バナナマン」の日村勇紀(左)と設楽統
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(48)と設楽統(47)が、22日深夜放送のテレビ東京「乃木坂工事中」(日曜深夜0・00)に出演。バラエティー番組で察知能力のある女性タレントを語った。

 この日は「乃木坂内での平均メンバー」を決める企画。それぞれのアンケートへの回答で平均値を出し、最も近いメンバーが“乃木坂46平均点クイーン”に選ばれるという内容だった。

 バラエティー番組などでは、振り切った「頂点」と「底辺」の回答やコメントが採用されがちだが、極端なメンバーが際立つのは「平均点」を出せる人がいるからこそ、という趣旨でこの企画が行われた。

 設楽は「(MCなどが)何かの答えを聞いた時に“当たり前のこと”を言ってくれる子(タレント)が欲しいっていうところもいっぱいあります」とし、「それを察知して『あ、ここは頂点を言うんだ』『底辺を言うんだ』『あ、ここは平均を言うんだ』っていうのを1人でできるようになったらどこ(の番組)に行っても大丈夫」と語った。

 すると、日村は「それが若槻千夏ですよ」と具体例をコメント。設楽も「だいたい仕事が多い人はそれ(察知)ができますよね」と納得していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月24日のニュース